お問い合わせ

なぜ不採用?介護職の面接で何度も落ちてしまう理由

介護職の面接を幾度となく受けてきたが、なぜか全て不採用になってしまう。一体何故なのか考えてみたことはありますか?未経験だから?資格を持っていないから?これらの理由も含まれているかもしれませんが、もっと大事なことがあります。不採用になってしまう原因と解決方法をご紹介します。

 

人手不足の介護職

介護職現場は人手不足に悩んでいます。その理由についてはここでも何度かご紹介させていただきましたが、「賃金が安い」「重労働である」「生活習慣が乱れやすい」「人間関係」などがあります。
常に人手不足の問題を抱えている介護職ですが、人手不足だからと言ってどんな人でも雇う訳にはいきません。やはり欲しい人材と言えば即戦力だと言えるでしょう。しかし、それだけではないことをご存じでしょうか。

 

落ちてしまう理由

未経験者や無資格者でも面接を通り、介護現場で活躍している方々は沢山います。落ちてしまう方との差は何なのか、いくつか上げてみました。

・アピールするポイントを間違えている
・笑顔が少ない
・ネガティブな考え方が出ている
・質問が少なく仕事に対して興味が薄そう

介護職の面接なのに、履歴書に全く関係のない資格を記入したり、面接の時に介護とは関係のないスキルをアピールしている方もいるようです。介護現場では、常に人と関る大変な仕事である為、社交性やポジティブさ、仕事に対する熱意が必要不可欠です。介護職では何が一番必要なのかを確かめてアピールポイントを間違えないように気をつけましょう。

 

どんな人材を求めている?

やはり即戦力を求めている介護現場は多いですが、経験者・未経験者関係なく、仕事に対する熱意を重要視している施設もあります。
仕事に真摯に向き合える人材であれば、未経験であっても仕事を早く理解しようとするでしょう。そして、資格取得に対しても積極的で、前に進む力があると考えられます。
面接では、将来自分がどんな介護職員になりたいか、そして、その理由などをアピールしていくと良いでしょう。そのためにはどんな努力が必要なのか事前に調べておき、どんな努力をしていくのかを面接で述べ、仕事に対する熱意をアピールしていきましょう。

 

これまでの自分を顧みる

今までの自分を顧みてみましょう。反省点が見つけられるのであれば、次の面接では失敗しない確率が高いです。なぜなら、対策を練ることができるからです。
反省点が見つけられない場合は、友人や家族に協力してもらい、履歴書を確認してもらったり、面接の予行練習をしておくのも良い方法です。
反省点は、自分自身では中々気づけないものです。第三者に確認してもらい、指摘してもらう方法が一番分かりやすいでしょう。

 

悩むより前に進もう

不採用が続くと、「やっぱり自分は介護職には向いていないのかな」「落ちるのが怖くて面接に行きたくない」といったネガティブな考えに陥ってしまいますよね。人間誰しも悩むのは当たり前です。しかし、悩む時間より対策を練る時間を多く使った方が良いでしょう。介護現場では強い心とポジティブな考えを持つことが大切なのです。対策を練ったらまた面接を受けにいきましょう。落ちたとしても、この時間は決して無駄な時間ではありません。