お問い合わせ

介護アロマセラピストとは?

介護アロマセラピストという言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近では、アロマの効果が介護現場でも有効的だということに注目されていて、アロマセラピーを介護現場に取り入れているところも増えてきました。今回は介護アロマセラピストについてご紹介します。

 

介護アロマセラピストとは?

介護アロマセラピストとは、介護施設でアロマセラピーを行うアロマセラピストのことを意味します。元々アロマセラピストの方が介護について勉強してから、施設でアロマセラピーを行うパターンと、介護職員の方がアロマセラピストの勉強をしてから、施設でアロマセラピーを行うパターンがあるようです。
今では「介護アロマセラピスト」という資格や講座があり、資格を取得した方が介護アロマセラピストとして活躍しているケースもあります。

 

アロマセラピーの効果

そもそもアロマセラピーとは何かご存じでしょうか。アロマセラピーとは、精油を用いてマッサージすることで心身のリラクゼーションや健康を促したり、病気予防についても効果を発揮します。マッサージだけではなく、芳香治療もあり、ムード作りのインテリアとしても用いられています。
介護現場では認知症の予防にも注目されていて、嗅覚能力低下の予防やメンタルケアについても効果を発揮していると言われています。

 

介護現場での実際の声

介護施設でアロマセラピーを取り入れたところ、ご利用者の方の睡眠障害が改善されたり、消臭効果や芳香効果でいつもよりメンタル面で余裕が見られるようになったりしているようです。
アロママッサージを受けたご利用者の方がとても気持ち良さそうにしていて、その日はぐっすり眠れたという声もあり、アロマセラピーの効果を実感できているようです。
また、アロマには抗菌効果もあるので、風邪予防やウィルス対策にも繋がります。介護現場だけでなく、職員の方は自宅でも用いると良い効果を得られそうです。

 

介護アロマセラピストになるには?

「介護アロマセラピスト」という資格や講座があると説明しましたが、介護アロマセラピストになるために資格がいるという決まりはありません。しかし、アロマセラピーについての最低限の知識や、介護職に置ける基本的な知識は必要だと考えられます。
特に精油は使い方を間違えると逆に毒になることもあるので、取り扱いには十分注意が必要です。アロマインストラクター、アロマセラピストの資格と介護職員初任者研修は取得していた方が良いでしょう。

 

介護職員のストレス軽減にも繋がる

施設のご利用者の方にとって効果的であることは理解できたと思いますが、実は介護職員の方にとっても良い効果を発揮するのです。特にマッサージなどの施術を受けなくても、アロマは芳香効果があるので、自然と近くで働いている介護職員にも香りが届きます。
アロマの香りはリラックス効果があるので、日々ストレスと戦っている職員にもストレス軽減の効果をもたらしてくれます。

介護アロマセラピストの募集を行っている施設は少ないのが現状ですが、これから取り入れていく施設は増えていくと予想されます。介護とは違うことを勉強してみたいと考えている方は介護アロマセラピストについて勉強してみてはいかがでしょうか?