お問い合わせ

生活相談員とは?スキルアップを目指そう!

介護職の求人で見かける「生活相談員」とは、どんな仕事内容なのでしょうか。生活相談員に誰でもなれるものなのか気になりませんか?生活相談員になるにはどうすればよいのか、何か資格がいるのか、給与面ではどうなのか、詳しく調べてみましょう。

 

生活相談員の仕事内容

生活相談員は、施設のご利用者やご家族に対する相談や援助が主な業務になります。利用契約や入所・退所の手続きも生活相談員の仕事です。
また、ご利用者側に対してだけではなく、施設側の連絡や連携も担います。介護計画書の作成やサービス担当者会議への参加、今後の最善作の検討など生活相談員の業務は多岐にわたります。
たくさん仕事があるの?とイメージが掴みにくいかもしれませんが、ご利用者やご家族、介護スタッフの立場を考え、全体的な調整を行っていると考えれば分かりやすいでしょう。

 

資格はあるの?

「生活相談員」という資格は存在しません。生活相談員になるには、社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事任用資格のいずれかの資格を持っていることが条件となります。
また、社会福祉士の資格を持たなくても、介護福祉士・介護支援専門員・ケアプラン作成実務経験1年以上・老人保健施設の施設長経験者などがあれば生活相談員になれます。
しかし、自治体によって条件が多少異なるので、希望の地域の資格要件をあらかじめ調べておいた方が良いでしょう。

 

気になる給与面

給与面について調べてみると平成29年度の厚労省調べで、生活相談員の平均月収は32万円でした。介護職員の平均月収よりも約26,000円高くなっています。
この数字は全体の平均月収であり、実際の給与は地域によって差があるため、詳しい給与金額は実際の求人を見て判断した方が良いでしょう。また、施設によって資格手当の有無があるため、手当面もしっかりチェックしておきましょう。

 

どんなやりがいがある?

仕事内容を見ると「何だか大変そう」というイメージを持つ方もいるでしょう。生活相談員は「施設の顔」としての役割が大きいので、楽な仕事ではないことは確かです。しかし、困っている方の力になれる仕事なので、ダイレクトに「ありがとう」と声をかけてもらえます。
人や社会のために貢献できたと実感が湧き、やりがいを大きく感じることができるでしょう。
色々な人とたくさん関わるので、大変なこともありますが、人の温かさにもたくさん触れることができます。人と接することが好きな方にはおすすめの職業です。

 

生活相談員を目指してみよう!

少しでもスキルアップしたいと考えているのであれば、「生活相談員」を目指してみませんか?資格や経験等のハードルはありますが、そのハードルを乗り越えようとする気持ちがモチベーションアップに繋がります。また、介護職員とは違った視点から物事を見られるようになるので、業務における自分自身の視野を広げることができるでしょう。
プライベートでも、これまでとは違ったものの見方ができるようになるかもしれませんね。