お問い合わせ

ユマニチュードを取り入れよう

認知症ケアの方法で、「ユマニチュード」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?テレビなどでも紹介され最近話題となっていますが、ユマニチュードの歴史は1979年にさかのぼり、フランスでイブ・ジネストとロゼット・マレスコッティによって開発されました。今回はユマニチュードについて詳しくご紹介します。

 

ユマニチュードとは?

ユマニチュードとは認知症介護ケアの方法の一つで、見る・話す・触れる・立つの4つの動作を基本としています。
ベッドに寝ていたり、車椅子に座っていたりすると、立って作業をしている介護職員と目が合いません。認知症の方の目線に合わせて、姿勢を低くし目線を合わせることが大切です。
目が合ったら優しく話しかけましょう。会話が続かなくても「タオルで体を拭いています」や「右手を上げます」など、介助の動作を説明するように話しかけることで、認知症の方の「自分自身の存在」を確かめることができます。

また優しく触れることで「自分は大切にされている」という感情を抱いてもらいましょう。安心感を与えることで信頼関係を築くことができます。
そして、座っている状態が多い認知症の方は、できるだけ立たせてあげましょう。立つことにより、縦の空間を感じることができ、意識のレベルを高い状態にすることができます。

 

ユマニチュードの目標

ユマニチュードには「心身の回復を目指す」「機能維持」「最後まで寄り添う」という3つの目標があります。認知症の方の症状によって目標を掲げており、
まずは心身の回復を目指していきましょう。難しい場合は、機能維持を目指します。機能維持も難しい場合は最後まで寄り添うことを大切にしていきましょう。
ユマニチュードは「心身に問題を抱える人をケアするプロ」という定義があり、プロとしてこれらの目標を目指していく必要があるのです。

 

実際の効果

ユマニチュードの実際の効果はどうなのでしょうか。
NHKの番組「ためしてガッテン」で、ユマニチュードのアイコンタクト(目線を合わせる)というケア方法を紹介していました。ここでは認知症の方が心身ともに回復した例を紹介しており、「目線を合わせる」という方法だけでも大きな効果が得られたことを証明しています。
今まで話しかけても反応がなかった方でも、目線を合わせて話しかけるだけで、瞬きや頷きを返してくれるようになったようです。

 

介護現場も穏やかになる

認知症の方から暴言を吐かれて、辛い思いをしてきた方は多いでしょう。ユマニチュードを通して見ると、なぜ認知症の方がそのような態度をとるのかが理解できます。
認知症の方は視野が狭くなっていて、目線を合わせないと「突然触られた」「いきなり動かされた」と、自分の許可なく強制的に支配されたように感じるのです。
認知症の方の立場にたって「人として大切に扱う」という配慮がこれまで欠けていたことに気付くでしょう。
ユマニチュードを実践できれば、認知症の方との意思疎通ができるようになり、介護現場が穏やかになっていくことが期待されます。

 

効果的な方法はどんどん取り入れていこう

新しく効果的な方法が開発されて効果的だと分かれば、まずは取り入れてみましょう。どの職業でもそうですが、時代と共に常に変化していきます。昔ながらのやり方を一度見直して、古き良き部分は残し、悪しきものは改善していきましょう。
よりよい社会をつくるためには、介護の世界を充実させることも大切です。自分の役割を考え、今できることを広げていきましょう。