お問い合わせ

今こそ転職のタイミング?転職する理由とタイミング

今働いている施設が自分に合っていないと感じている方はいませんか?そんな時は転職を考えるタイミングだと言えるでしょう。しかし、転職するタイミングは慎重に考えなければいけません。どんなタイミングで転職をするべきかご紹介します。

転職すべき理由

今では介護職に限らず、転職の時代といっても過言ではないでしょう。終身雇用の考え方も変わり、キャリアアップや働きやすい環境を求めて、転職を繰り返す人も多数います。1つの施設で長く働くことは、成長やキャリアアップにも繋がりますが、その施設が良い環境であるということが大前提です。
長く働いても昇給できない、成長に繋がらない、将来性がないと感じたときは転職を考える時期だと言えるでしょう。
また、組織体制の変更などで、これまでよりも環境が悪くなりそうなときや、違法な医療行為を目にしたときも、転職を考えた方が良いでしょう。

 

転職するタイミング

転職する一番良いタイミングは、「転職先が決まったとき」ですが、体力的・精神的にもきつく、転職先は決まっていないけど仕事を辞めたい場合もありますよね。そんなときはどのようなタイミングで仕事を辞めれば良いのでしょうか。
一つは、3カ月分の給料の貯金がある場合です。仕事を辞めれば当然収入はありません。3カ月分の給料があれば、その分余裕を持って転職先を見つけることができるでしょう。
もう一つはボーナスをもらった後です。今まで頑張ってきた分の評価なので、しっかりボーナスは受け取りたいですよね。生活費としての蓄えも必要なので、ボーナスをもらった後も良いタイミングだと言えるでしょう。

 

より良い施設とは?

転職先を探すのは簡単な作業ではありません。しかし、介護職においては人員不足などもあり、転職先は比較的見つけやすい環境にあるのです。
より良い環境の施設を探すポイントとして、転職前にその施設に見学に行ってみましょう。実際に自分自身の目で見た方が、どんな施設なのか把握しやすいからです。求人情報の待遇面なども重要視した方が良いですが、何よりも施設の雰囲気や環境が良くないと、同じ施設で長く働くことは難しいでしょう。

 

職場が変われば人生も変わる

悪い環境の中で働いていると、人格にも悪い影響を与えます。良い環境で働くと、良い方向へ人格が変わっていくでしょう。人格が良い方向に変われば、人生が好転していきます。
そういう意味でも転職先選びは大切です。自分の人生をより良くしたいのであれば、転職先を慎重に選んでいきましょう。

 

自分に合った施設探し

人それぞれ転職を考える理由は様々です。故に、転職先選びで大切なのは、「自分に合った職場」を探すことでしょう。施設によって介護観も異なり、勤務形態も様々です。転職する前に、自分がこれまで体験した中で何が一番自分に必要なのかしっかり考えておきましょう。
今の職場で不満に思うこと、こうしていけば良いと思うこと等をメモにとっておくのも良い方法です。

また、人材サービス会社を頼ることも方法のひとつです。人材サービス会社は多数の企業情報を持っているので、希望に沿った転職先を探すうえで大きな力になってくれるでしょう。

自分に合った転職先があるように、自分に合った転職方法を見出すこともより良い転職をするためには重要なのです。