お問い合わせ

介護職は体力も必要!おすすめの体力づくり方法

介護職は体力的にもハードな仕事です。介護職に興味があるけど、体力に自信がないから心配だという方のために、今回はおすすめの体力づくりの方法をご紹介します。体力をしっかりつけて介護職に挑戦してみましょう。

ジムに通う

仕事が終わって体力づくりをしようとしても、疲れているので「今日は休もう」と怠けてしまいやすいですよね。しかし、お金を払ってジムに通うと決めれば、気持ちが乗らない日でもせっかくお金を払ってるんだからと気持ちを奮い立たせることができるでしょう。
また、専門のトレーナーさんがいるので、自分が理想とする体力づくりに最適なメニューを提案してくれます。「体力をつけたいけど、具体的にどんなことをすれば良いのか分からない」というにはおすすめの方法です。

 

家事を丁寧に行う

ジムに通うお金がもったいない!と考える方におすすめなのは、「家事を丁寧に行う」という方法です。「家事なら毎日やっているけど?」という方でも、いつもよりしっかり丁寧に家事を行うことに集中するだけで、筋肉をより鍛えることができるのです。
お風呂掃除もいつもより力を入れたり、普段掃除しない場所もしっかり磨くだけでも筋肉は鍛えられます。洗濯物をカゴから取り出すときは、一枚一枚座ってから取り出すだけでもスクワットの効果を得られるでしょう。

 

ヨガで心も身体も健康

ヨガを取り入れることも効果的です。ゆっくりとした動きが印象的なので、体力づくりに繋がるのか疑問に思った方もいるかもしれません。ヨガはストレッチ効果やリラックス効果があるだけではなく、代謝を促進させる効果も得られます。体内の不要なものを効率的に排出できるので、健康を維持することができるでしょう。
ヨガの呼吸は腹式呼吸が基本ですが、腹式呼吸は副交感神経を優位にすることができます。精神的にリラックスすることができるので、夜も良質な睡眠がとれるようになります。夜勤や日勤で、生活リズムが乱れやすい介護職員にはおすすめの方法なのです。

 

筋トレを行う

それでも物足りないという方は、必要だと思う部分の筋トレを行うことをおすすめします。腕の筋肉が足りないと感じた方は、腕立て伏せを行いましょう。足腰が弱いと感じた方は、スクワットや背筋を鍛える筋トレを行うと良いでしょう。
部分的に鍛えることで、長く続けることができます。全ての筋肉を鍛えようと思うと、筋トレする量が増えてしまい、途中で投げ出してしまいやすくなります。
筋トレは毎日する必要はありません。3日に1日行うペースで続けていきましょう。

 

自分に合った方法で長く続ける

色々とご紹介してきましたが、一番重要なのは「長く続ける」ということです。長く続けるには、自分に合った方法を探すことが大切です。無理をしてしまうと途中で諦めてしまいやすくなるからです。
「これなら続けられそう!」と感じた方法を見つけてください。そして、自分に合った方法を見つけたら根気よく続けていきましょう!