お問い合わせ

介護職を選んだ理由とは?

介護職はハードな仕事というイメージから人手不足が問題になっていますが、すでに介護職に務めている方々はなぜ介護職を選んだのでしょうか?

今回は、その理由について詳しくご紹介します。

 

お年寄りが好き

介護職を選ぶ方の特徴として、責任感が強かったり、人の為に働きたいという意識が強い傾向がありますが、「もともとおばあちゃん子だった」「同年代の人達よりお年寄りの方と話す方が楽しかった」「お年寄りの方々から色々と学ぶことが多かった」など、「お年寄りの方が好き」という理由で介護職を選んだという方もいます。

人生の大先輩なので、悩みの相談に乗ってくれたり、穏やかな優しい笑顔に癒されたりすることで、「お年寄りの方のために働きたい」という意識が芽生えるようですね。

 

社会貢献度が高い

介護職は、今社会で最も必要とされている職業です。高齢化が進む日本で、介護施設・介護職員の不足が問題になっていますが、そうした状況を改善する為に、一役買っているという実感が持てます。

介護職のニーズが増え続けている状況から「介護の仕事をしている」と言うと、「人のため、社会のために働いている人」という良い印象を周りの方々に持ってもらうことが多いはずです。人としての信頼度も高く評価され、社会貢献度が高い仕事と言えるでしょう。

 

やりがいを感じる

一番多い理由としては「やりがいを感じる」という意見です。「介護職は楽しい?」と聞かれると、うーんと首を傾げてしまいますが、「やりがいを感じる?」と聞かれると大きく頷いているという方が多いのです。

社会貢献度が高いという理由も紹介しましたが、そうした理由からも「やりがい」を感じやすく、人の為に働くことが出来ているという意識が、自分自身の満足度を上げていることに繋がっているようです。

 

資格やスキルが活かせる

介護職は資格を取得したり、経験を積んだりすることで、給与アップに繋がります。頑張ればその分認めてもらいやすく、介護スキルを磨きたいという気持ちを保ちやすい職業なのです。

産休で一時期介護職から離れていても、それまでの介護職の経験や資格などがあれば、仕事復帰もスムーズに行えます。一度介護職を離れて違う仕事をしてみたけど、自分のスキルや資格を活かせる仕事に就きたいと考え、また介護職に戻ってくる方も少なくありません。

 

働いていて良かったこと

以上の理由が介護職を選んだ理由の代表例になりますが、実際に働いてみても介護職を選んで良かったと思うことが多々あるようです。
仕事以外にも介護スキルを活かせる場面に出くわすことがあり、助けたお年寄りの方やご家族の方から感謝されたということがあったり、お年寄りの方の介護をしていて「助ける」という立場であっても、逆にお年寄りの方から多くのことを学ぶことがあったりと、自分自身のためになることがたくさんあるのです。
また、自分の両親に介護が必要になった場合も培ってきた介護スキルは非常に役に立ち、親孝行にも繋がりますね。

介護職の先輩たちの話を聞いてみて、介護職について興味を深めてみてはいかがでしょうか。