お問い合わせ

介護職員のお給料・ボーナス事情大公開!

介護職は景気に左右されることなく、安定した仕事というイメージが強いです。実際にどのくらいのお給料なのでしょうか。介護職の毎月の給料や賞与についてご紹介します。

 

介護職員初任者研修の給与と賞与は?

介護のお仕事は、資格保有者でなくても採用されます。しかし、資格を取得しているスタッフがいる施設に対して、利用者の方やご家族の方の信頼度は上がります。まず介護職で一番最初に取る資格が「介護職員初任者研修」です。
この資格を持っていると、無資格で働くよりも給与が高くなります。無資格だと平均で、19万円前後ですが、介護職員初任者だと平均で21万円前後に上がります。

また賞与については、平均で年間30万円前後です。賞与については無資格と金額にあまり差がありませんでした。

 

介護福祉士の給与と賞与は?

国家資格である「介護福祉士」ではどのくらいの給与になるのか調べてみました。給与の平均は23万円前後で、介護職員初任者と比べると、2万円くらい上がりましたね。

そして、介護福祉士の賞与の平均は、年間50万円前後です。介護職員初任者と比べると大幅にアップしました。やはり国家資格を取得していると、社会的な信頼度が上がり、その分、給与や賞与に反映されるようです。

しかし、施設によって金額に差があり、地域によっては、介護福祉士の資格を持っていても、介護職員初任者と給与や賞与の金額が変わらないというところもあります。

 

ケアマネージャーの給与と賞与は?

続いて、「ケアマネージャー」の給与と賞与についてご紹介します。ケアマネージャーは5年の実務経験が必要で、合格率も20パーセントという難関な資格です。ケアマネージャーの資格を取得すると、給料の平均は26万円前後になり、賞与の平均は年間60万円前後になります。

介護福祉士よりさらに金額がアップしました。ケアマネージャーは介護の世界でいう出世コースで、5年ケアマネージャーの実務経験を積むと、研修を受けて主任ケアマネージャーに昇格することができます。

 

年齢や経験によっても給与は変わる

資格によって給与や賞与の金額が変わりますが、年齢によっても金額が変わります。できれば同じ職場で経験を積んだ方が、給与は上がりやすく、キャリアアップもしやすくなるでしょう。

しかしその前に、まず待遇の良い職場を探すことが大切です。職場によって給与の金額に幅があり、キャリアアップしやすい環境なのかによっても、将来に差が出てくるでしょう。

自分にとって、働きやすい環境の職場を、早めに見つけておくことが大切です。

 

今後、介護職の給与は上がる

ハードワークの割りに給与が安いと言われている介護職ですが、今後介護職の給与はどのようになっていくのでしょうか。日本は今後も高齢者が増えていく傾向にあります。介護職員の不足も懸念されている今、介護職の環境や待遇の見直しがされています。

実際に、国の対策により、介護職全体の給与が、平均で年々増えています。これまでいくら頑張っても給与が増えなかったという方でも、将来的には給与が増える可能性が高くなったと言えるのではないでしょうか。