お問い合わせ

介護事務のお仕事内容教えます!


介護職にも色々ありますが、「介護事務」についてご存じでしょうか。事務職ではありますが、他の事務と比べて専門的な部分があります。
今回は介護事務について詳しくご紹介します。

介護事務の仕事

介護事務の主な仕事は、介護給付費請求書の作成です。そして、介護給付費請求書を国民健康保険連合会に送ります。介護サービスの利用費は、保険適用分と利用者負担分があります。保険適用分を国から受け取りますが、その時に必要な書類が「介護給付費請求書」なのです。介護保険制度が改正されれば、改正制度に従い対応しなければなりません。

またご利用者の方の要介護認定期間の確認や、更新手続きなども介護事務のお仕事です。他にも受け付けや電話対応など、ご利用者の方やご家族の方の窓口対応もあります。

 

必要な資格はある?

介護事務になるには、基本的に資格は必要ありません。しかし、介護保険の知識や介護給付費請求書の知識が必要になってくるので、他の事務職と比べると専門的と言えるでしょう。国家資格は存在していませんが、民間団体が認定している介護事務の資格は存在しています。

資格を取得する必要はありませんが、やはり資格保有者が採用される可能性が高いので、資格は取得しておいた方が良いでしょう。

様々な介護事務の資格がありますが、難易度はそれほど高くはありません。通学したり通信で勉強したりする方法もありますが、独学で資格を取得することもできます。

 

気になるお給料!

介護事務はどのくらいのお給料をもらえるのか気になりますよね。バイトや派遣社員だと、時給800~1,200円くらいで、正社員だと16~20万くらいだと言われています。もちろん施設によって給料に差がありますので、気になる方は求人の給与欄のチェックをしてみてください。

一般的な事務職のお給料とあまり変わらない印象です。しかし、介護業界が安定しているので、民間企業の事務と比べると安定性があります。安定した収入を得たい方には、最適なお仕事ではないでしょうか。

 

どんな人が向いている?

金融機関や官公庁に提出する書類があるので、ミスは一切することはできません。ミスがないように丁寧な作業ができる方が向いていると言えるでしょう。事務処理やパソコンのスキルは必須です。事務経験者の方が優遇される傾向が強いでしょう。

また、受付や電話対応も大切なお仕事です。コミュニケーション能力が高い方が求められます。介護職員スタッフとも連携を取ることも必要なので、人間関係を円滑にすることができる方も向いているでしょう。

 

やりがいも感じられる

地味な作業が多いと思う方もいらっしゃると思いますが、施設の窓口なので、ダイレクトにご利用者の方やご家族の方から、色々な意見や感謝の言葉を聞くことができ、やりがいを感じやすい仕事とも言えます。

介護事務は、担々と仕事をこなすだけではなく、ご利用者の方や介護スタッフの方の意見を聞き、バランスを取るようにサポートするポジションにいます。施設に関わる全ての人が気持ち良く過ごせるような意識を持って、日々の業務に取り組むと、モチベーションが上がります。

介護職に興味があるけど、ハードルが高いと感じている方は、介護事務を目指してみてはいかがでしょうか。