お問い合わせ

介護難民の対策で介護職は将来性のある職業に

介護難民という言葉を耳にしたことがあるかと思います。介護が必要であるにも関わらず、施設に入ることができずに介護が受けられない高齢者や障がい者のことを介護難民と呼んでいます。介護難民が増加し問題になっていますが、介護難民問題から見えてくる介護職の将来性を考えてみましょう。

 

介護難民問題

団塊の世代が65歳以上になったことで、高齢者の数が大幅に増加し、日本は今「超高齢化社会」になりつつあります。高齢者の数が増えると、介護が必要な高齢者の数も増え、施設が足りなくなってしまっているという問題が浮上しています。また、施設で働く介護職員の数も、施設の利用者の数に対して足りないという現状もあります。高齢者の増加と施設や介護職員の数が足りないことが、介護難民を産み出しているのです。

 

介護難民の対策とは?

介護難民を減らすために、国は様々な対策を打ち出しています。対策の根本は、介護施設や介護職員を増やすことにあります。介護難民の受け入れ先を増やさないことには解決できないため、施設を増加させるに伴い、介護職員の増加も必要不可欠です。しかし、介護職員は仕事内容のハードさから、常に人手不足に悩まされています。そのため、介護ロボットを導入するなど、介護職員の負担を減らすための対策も重要視されています。

 

介護職の将来性

・処遇改善策

国が打ち出している対策には、介護職の将来性が伺えます。これまで介護職と言えば、大変な仕事の割に給与が安いというイメージがありましたが、「処遇改善加算」というシステムが加わり、従業員の処遇を改善した介護事業所には加算がつき、報酬を多く得ることができるようになりました。
先述しましたが、介護ロボットの導入は、介護職員の負担を軽減させるための対策です。他にも外国人介護士の導入、シルバー世代の登用など、現場の負担を分担できるような体制を作っています。

 

・未経験でもキャリアアップ

介護職は専門職なので、資格や経験が必要だと考える方が多いかもしれません。しかし、介護職は未経験からでも勤めることができます。介護職をやりたいという気持ちが強ければ、採用される可能性は高いでしょう。
また働く年数によって、受験できる介護資格があり、資格を取得していくことでキャリアアップが目指せます。資格によって介護できる範囲が広まったり、給与もアップしたりするので、精力的に資格を取ることをおすすめします。

 

社会的に必要とされる職業

介護難民の問題によって、国が介護業界に対する対策を投入しているので、より働きやすい環境が、これから徐々に整えられていくということが考えられます。介護職がただ大変な仕事だと思っている方は、今後そのイメージが覆されていくことでしょう。
介護職は社会的に必要とされている、とてもやりがいのある職業です。世の中のために役に立つことをしたいと考えている方は、介護職に就くことも考えてみてはいかがでしょうか。