お問い合わせ

有料老人ホームの特徴とお仕事内容

「有料老人ホーム」をご存じでしょうか。特別養護老人ホームや介護老人保健施設とは何が違うのか具体的に紐解いていきましょう。そして、働くメリットやデメリットもご紹介します。

 

有料老人ホームとは?

有料老人ホームとは、公的施設ではなく民間企業が運営している施設のことを言います。特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの公的施設だけでは足りず、入居待ちになっている方が近年問題になっています。そうした状況の中、民間企業が運営する「有料老人ホーム」があることで、問題解決に繋がるのではないかと期待されています。

有料老人ホームが大きく分けて3種類あります。「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」の3つです。「介護付有料老人ホーム」は、介護が必要な方が入居対象で、常駐スタッフが日常的なケアやサポートをします。
「住宅型有料老人ホーム」は、介護が必要な方だけではなく、不要な方も入居できます。常駐スタッフによる介護はありません。介護が必要な方は外部からの介護サービスを受けることになります。
「健康型有料老人ホーム」は、自立した高齢者の方が入居対象です。日々の暮らしを元気に過ごすためにトレーニングルームなどが設備されていて、介護は基本的にありません。

 

有料老人ホームの仕事内容

有料老人ホームの仕事内容は「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」それぞれに違います。

介護付有料老人ホームは、要介護の方が入居されているので、介護スタッフが常駐して,食事・入浴・排泄などの身体的なケアサポートを行います。住宅型有料老人ホームは、先述した通り、外部の介護サービスを利用することになるので、常駐介護スタッフは存在しません。施設のスタッフは見守りや生活支援だけを行うことが多いです。健康型有料老人ホームも基本的には介護は必要ないので、住宅型有料老人ホームを仕事内容は殆ど変わりません。

 

有料老人ホームで働くメリット

「介護付有料老人ホーム」で働くメリットは、専門スタッフが数多く在籍しているので、入居者の方に手厚い対応ができるという点です。新築の施設が多いので、設備が新しく、最新の介護が学べるでしょう。
もちろん施設によって異なりますが、手厚い介護が基本的にできるので、やりがいがあり介護をもっと勉強したいという方には最適な職場でしょう。

「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」で働くメリットは、基本的に介護の仕事がないので、重労働がない点ではないでしょうか。食事の用意や話相手が仕事のメインなので、入居者の方と楽しく過ごす時間が多いでしょう。

 

有料老人ホームで働くデメリット

「介護付有料老人ホーム」は、入居者の方より施設の都合が優先されてしまう傾向が強いです。施設によって異なりますが、民間企業であるが故に利益が優先され、人員不足になっている施設も少なくありません。
もちろん、人員不足が起きないようにきちんとしている有料老人ホームもありますので、その施設の入居者に対して何名の介護職員を配置しているのか調べておくと安心です。

「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」のデメリットは、介護職を色々と経験したくて転職したら、物足りなく感じるという点ではないでしょうか。元々介護は必要がない施設なので、介護スキルを身に付けたいのであれば、「介護付有料老人ホーム」に転職した方が良いでしょう。

 

施設によってそれぞれ特色がある

有料老人ホームはタイプが3種類あり、同じタイプでも施設によって働く内容や待遇、風潮なども異なります。一概にどういう施設なのかひとくくりにはできないので、実際に働いている方の話を聞いてみたり、どの職場が自分にとって働きやすいのか事前に調べておくと安心できますね。

高齢者の方とお話したりコミュニケーションを取ったりすることが好きな方であれば「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」を、介護スキルをもっと磨きたいと思っている方は「介護付有料老人ホーム」を希望すると働きやすいでしょう。