お問い合わせ

介護老人保健施設の特徴とお仕事内容

介護職や医療関係の方は、介護老人保健施設を就職先に考えている方もいらっしゃると思いますが、具体的にどんな施設がご存じでしょうか。専門スタッフが数多く在籍しており、入居者の方の自宅復帰を目指す施設だということは漠然と理解されているかと思います。ここでは具体的な仕事内容や、メリット・デメリットなどをご紹介します。

介護老人保健施設はどんなところ?

介護老人保健施設は、介護を必要とする高齢者が自立できるようにリハビリや医療の分野で支援する施設です。
介護老人保健施設に入居する方は、原則65歳以上で「要介護1」以上の介護認定者であることが決められています。

医療面では医師や看護婦・准看護師がサポートする他、リハビリ面では理学療法士や言語聴覚士などがサポートし、介護面では介護福祉士やケアマネジャーがサポートします。専門スタッフが数多く在籍している施設だと言えるでしょう。

 

どんな仕事がある?

医師や看護師は医療管理を行うと共に、リハビリ面や介護面の方針を決め指示を出す、スタッフのコーディネイターのような役割も果たします。リハビリ面では、専門スタッフがリハビリの評価や計画を提案します。身体的機能の向上を目的としたプログラムを実施することが主な役割です。介護面では、日常的なケアやコミュニケーション、利用者のご家族への報告などが主な仕事です。

役割はそれぞれありますが、基本的に利用者とのコミュニケーションはどの分野でも必要となり、看護師や介護の補助を行うなど、お互いの仕事を助け合うケースもあります。

 

介護老人保健施設で働くメリット

介護老人保健施設には、色々な分野の専門スタッフが数多く在籍しており、自身の専門外の機関と連携した仕事が行えるので、他機関との繋がりが詳しく理解でき、とてもやりがいを感じられるでしょう。
また、自宅復帰を目標に医療・リハビリ・介護のサポートを行うので、成果が表れたときに、自分自身の励みにもなります。

他の介護施設と比べると前向きな気持ちになれることが多く、その部分が大きなメリットと言えるでしょう。

 

介護老人保健施設で働くデメリット

介護老人保健施設は医療法人が運営主体なのが殆どです。よって、医療機関スタッフの発言権が強い部分もあり、他機関スタッフの発言権が弱くなる傾向があります。また、介護職を長くしてきた方が介護老人保健施設で働くと、入居者が回復し入れ替わりが多い部分でとまどうこともあります。長く入居者と接することが多い方は、仕事のやりがいが半減したような気分に陥ることもないとはいえません。
入居者の方とコミュニケーションをとり、信頼関係築くには時間が短いのかもしれません。

 

自宅復帰という目標

デメリット面で介護職の方は、やりがいが半減したような気持ちに陥りやすいと説明しました。しかし、介護老人保健施設には「自宅復帰」という目標がはっきりと存在しています。その目標に向かって、入居者の方はもちろん、医療面、リハビリ面、介護面で一丸となって頑張ることは、他の施設では味わえないやりがいがあるのではないでしょうか。

医療・リハビリ・介護関係などで働いている方は「人を助けたい」という福祉の心を強く持っている方が多いです。その気持ちを大切にしたい方は、介護老人保健施設で一度働いてみることをおすすめします。