お問い合わせ

特別養護老人ホームの特徴とお仕事内容

世の中にはたくさんの介護施設がありますが、その形態や環境にも様々な種類があることをご存じでしょうか。介護職を希望している方にとっては、職場の特徴や仕事内容が気になるでしょう。ここでは特別養護老人ホームについてご紹介します。

■特別養護老人ホームの特徴は?

特別養護老人ホームとは、寝たきり・認知症・病気や障がいがあるなど、一人で生活することが困難な方が入居しています。

特浴や機械浴など施設の設備が整っているところが多いので、安全性が高く介護がしやすいのが特徴です。また、共同空間が多いことから目が行き届きやすく、事故などを未然に防ぐことができます。

夜勤ももちろんありますがサイクルが決まっているところが多く、業務の流れがある程度決まっているので、仕事を覚えやすいという特徴もあります。

■仕事内容について

一人で生活することが困難な方が入居されていますので、食事・入浴・排泄など身体的な介護が主な仕事になります。入居者の健康維持のために、身体機能の回復を目指してリハビリのサポートをしたり、ご家族の方に状況を説明したりすることも大切なお仕事です。

そして、入居者の方とのコミュニケーションをしっかりとることも大切です。コミュニケーションをとることで、健康状態を把握したり、不安な気持ちを払拭したりすることができます。

■指導体制もしっかりしている

特別養護老人ホームでは一人で仕事するケースが少ないので、未経験者でも安心して働くことができます。排泄や入浴の介助は複数人ですることが多く、分からないことがあっても聞きやすい環境にあります。

施設によって異なりますが、働き出してから独り立ちするまでに長い期間が設けられているところが多いので、介護スキルをしっかりと身に付けることができるでしょう。

■今後の求人増える傾向?

気になる求人ですが、介護施設の中でも特別養護老人ホームは数が多いので、求人率は元々高い方です。そして、今後も国の方針で特別養護老人ホームが増えていく予定なので、求人も増えていくと予想されます。

転職先にも困らないので、職場を変えやすく新しい人間関係を構築したり、新しい環境で新しい価値観を養ったりすることも可能です。

■介護スキルを身に付けたい人に向いている

他の介護施設と比べると大変な仕事が多いイメージですが、体制がしっかりしているところが多いので、残業が少なかったり、夜勤も回数が固定して決まっていたりするケースが多く、決して働きにくい環境ではありません。

要介護度の高い方が多いので、様々な介護ケースを学ぶことができるでしょう。介護スキルを身に付けたいと考えている方にとっては、しっかりと学ぶことができる環境です。

今後介護職でキャリアアップを考えているのであれば、特別養護老人ホームでしっかり経験を積んでステップアップしていきましょう。