お問い合わせ

内定確定後、今の施設にいつ退職意思を伝えればいいの?

介護職で転職をする場合、退職するまでの間にしなければならないことや色々と考えなければならないことが多いと思います。

仕事をしながらの転職活動も大変ですが、職場の状況によっては退職の意思を伝えるのもかなり勇気がいることでしょう。

今回は、退職の意思を伝える時期や現在の職場を退職するまでに必要な準備や行動をまとめました。

トラブルなく円満退社ができるよう、一つずつ計画的に進めましょう。

 

◎遅くとも退職日の1ヵ月前には上司に報告する

退職の意思が固まったら、まずは口頭で直属の上司に報告しましょう。なぜなら上司より先に人事部長や専務、社長といった、上司の上に当たる役職に告げれば、上司は部下の監督責任を問われることになります。これでは上司はおもしろくないでしょう。

一般的に辞めることを伝えてから実際の退職日までの期間は、最低でも1ヵ月以上あるのがベストです。

この部分は社内規定によっても変わってくるので、職場の社内規定に合わせて行動しましょう。

施設側としては新たな求人を出す時間も必要なので、早めに言ってもらった方が助かるはずです。

◎退職理由は個人的なものに

退職理由に会社や上司、同僚への不満を挙げないようにしましょう。あなたはその事業者からいなくなるのでかまわないでしょうが、残るほうとしてはおもしろくありません。理由はあくまで個人的なことにしましょう。上司も社長や役員クラスに説明するのに、責任を追及されずにすみます。

◎退職する際に注意したいこと

退職する際に注意すべきこととは、退職する旨を公言することです。最終的には職場の皆様にきちんと挨拶をして退職をすることになると思いますが、早い段階から公言してしまうと職場の人間関係が壊れてしまうリスクがありますし、何よりも自分自身がそのことを気にすることで最終出勤日まで積極的な仕事ができなくなってしまう可能性があります。

また、仕事をやめるということは少なからず職場の先輩や上司に迷惑をかけることにもつながります。そのため、よほど特別な事情で退職しない限りは退職する旨を公言するべきではないでしょう。

◎退職願を出す

実際の退職日はできるだけ上司と相談して決めるのが理想的です。もちろん、必ずしも職場側の意向に沿う必要はありませんが、双方の都合を考慮して決めていきましょう。

また事業者によっては給料の締め日に合わせるように指示する場合もあります。上司が協力的でなければ、退職のタイミングも希望通りにいかず、せっかく決まった転職先を逃してしまうことになりかねません。
主張と譲歩を上手に使って、なるべく都合のよい退職日になるよう、上司に働きかけましょう。

退職日が決まったら、正式に退職願を提出します。急に退職願を出すのではなく、まずは口頭で辞意を伝え、後日退職願を出すのが一般的です。

◎退職日まできちんと責任を持って働く

介護職は一人で仕事をしているわけではないので、退職時の引継ぎなどは不要なケースが多いです。

退職が決まって気が抜けてしまう部分もあるかもしれませんが、退職日まではしっかりと責任のある仕事をしましょう。

きちんとした人という良い印象を残して退職できるよう、最後まで責任を持って自分の仕事を全うすることが大切です。

 

転職活動はもちろんのこと、退職するにも予想以上に神経や労力を使うものです。

職場と自分側で双方の都合はありますが、お互いで折り合いをつけ、できるだけ円満に退職できるようにしたいですね。