お問い合わせ

実務者研修の資格について

介護の資格で唯一の国家資格である介護福祉士を受験するには、実務経験3年以上の他に、実務者研修の修了が必須です。実務者研修とは、介護の基本的な知識と技術*を修得する介護初任者研修の内容を十分に理解し、より実務に則した幅広い知識と技術を身に付ける研修です

実務者研修のカリキュラムは初任者研修と比較すると、講義や演習の時間は3倍以上の450時間で構成されています。カリキュラム内容は、介護知識はもちろん、たん吸引や経管栄養などについて学ぶ「医療的ケア」などの内容が盛り込まれ、初任者研修の上位資格として位置付けられています。修了するとリーダー的な「サービス提供責任者」として職に就くことができます。その後、実務経験3年以上、実務者研修の修了していれば介護福祉士の受験が可能になります。